资深律师网-广东律师-广州律师-广州法律顾问律师-广州追债律师-惠州律师-惠州法律顾问律师-惠州追债律师
 
  ○○○本网受关注内容
资深律师网法律顾问业务
资深律师网大额欠款追债业务
何雁飞律师博客
资深律师网首席律师何雁飞简历
最高人民法院公报刊登的何雁飞律师的案例:广州市海龙王投资发展有限公司诉广东省广州市对外经济贸易委员会行政处理决定纠纷案
广州仲裁委员会网站刊登的何雁飞律师的案例:台山某制衣厂与广东省某纺织品进出口股份有限公司买卖合同纠纷案
最高人民法院主办的中国涉外商事海事审判网刊登的何雁飞律师的案例:买卖合同纠纷案
何雁飞律师近日被广州市总商会聘为商事纠纷人民调解委员会首批调解员
何雁飞律师代理胜诉的广东省高级人民法院审理的广东省人民检察院抗诉案
何雁飞律师被广州市律师协会评为“优秀党员”
资深律师网私募股权投资业务
广东广信君达律师事务所简介
何雁飞律师近日被广州市民政局聘为广州市社会组织评估专家组成员,广州市政协副主席、广州市民政局局长孙峰向何雁飞律师颁发了聘书。
广东省律师协会近日授予何雁飞律师“全省律师行业维稳工作杰出贡献奖”以及“全省律师行业优秀党员”称号
资深律师网证券业务
广州电视台《心水大状》第5集节目邀请何雁飞律师作嘉宾
广州日报采访何雁飞律师:一人有限公司小心陷入无限责任
广州日报采访何雁飞律师:涉外婚姻家庭财产难界定
广州日报采访何雁飞律师:人才奇缺为赝品留下空间
广州日报采访何雁飞律师:个人做外贸需承担无限责任
您所在的位置:首页 — 日本语
○○日本语
 
()(がん)()弁護士プロフィール(中国弁護士)
 
    何雁飛弁護士は現在広東広信君逹弁護士事務所の執行のパートナー、弁護士である。1988年に中山大学法律学科を卒業。2007年に中山大学法律学科修士号を取得。専攻は経済法。英语と日本語が堪能。
    何弁護士は1988年に弁護士資格を取得した後、長年弁護士の仕事に携わり、今まで二十数年の経験を積み重ねてきた。1988年~1990年、中国糧油進出口公司の専任法律顧問を担当。1991~2001年に広州市市対外経済貿易促進委員会で法律関係の仕事に従事。その期間中1997年~1999年に香港にて中国の法律サービスの仕事を担当するほか、広州市対外経済貿易促進委員会の香港駐在機構である偉特嘉国際有限公司の副総経理に就き、広州仲裁委員会の仲裁員に任命された。何雁飛弁護士は広州市弁護士協会国際商事専門委員会の副主任を担当したことがあり、いま現在は広州外商投資企業協会法律顧問室の副主任、広東客属海外聯合会経済貿易委員会の副主任、広州市建築業聯合会法律顧問委員会の委員、広州市弁護士協会清算と倒産法専門委員会委員を兼任。
何雁飛弁護士は数多くの経済事件、民事事件、行政事件、刑事事件及び証券、私募株式投資業務を引き受け、有名なる企業の法律顧問を担当したのである。業績は主に以下の通りである。
1、“四橋一隧”(広州市重大なる渉外経済経済紛争案件)の処理に参与したこと。
2、広州市外經貿委行政を訴訟する海龍王公司の案件(広東省最大の行政事件)で広州市外經貿委側の専門弁護士として勝訴したこと。この案件は《最高人民法院公報》にも載せられ、大いに報導され、全国にも影響力があることである。有名な大学の法学授業用の名ケースともされた。
3、広州市政府行政を訴訟する水房地產公司の案件で広州市政府の弁護士として勝訴したこと。
4、ある債権力紛糾案件で勝訴したこと。そのケースが最高人民法院主催の《中国涉外商事審判網》にも載せられた。
5、広州屈臣氏飲食物有限公司、香港精工公司とその国内企業、太平洋コンピューターセンター等の大手会社及び広州外商投資企業協会、広州市建築業聯合会、投資広州外国企業商会等有名な組織の専任法律顧問に務めること。
6、太平洋コンピューターウェブサイト、太平洋自動車ウェブサイト、太平洋ゲームウェブサイト、太平洋女性ウェブサイト、太平洋親子ウェブサイト、太平洋家庭ウェブサイト、不動産町など名ホームページの弁護士に務めること。
7、ベテラン弁護士ウェブサイトのチェフ弁護士を担当すること。ベテラン弁護士ウェブサイトは専門的な法律業務を提供するウェブで、国内外の企業、事業及び各民間団体と個人にベテラン的な法律業務を提供するプラットフォームである。業務範囲は長期的な法律顧問の担当、会社と貿易、金融関係、不動産、訴訟、仲裁と調停、外商投資、知的所有権等の法律事務及び証券と私募株式業務などである。ベテラン弁護士ウェブサイトは2006年から設立して以来、大いに歓迎され、一日中の訪問回数の最大は三千余りに達し、総訪問回数は両百万ぐらいに達するほど注目された。ベテラン弁護士ウェブサイト(www.gd-lawyer.com)がすでにGoogle、百度などのボータルサイトと検索エンジンに集録され、上位を占めているのである。
 
何雁飛弁護士が『広州日報』、『羊城晚報』、『新快報』及び広州ラジオ放送局などのメディアに数多く取材された。その詳細についてはホームページに掲載しているのである。何弁護士の書いた専門的な論文が『香港工商月刊』『広東法学』『中山大学学報論丛』などに刊行された。
主な業績は以下の通りである。
1、『論如何申請、審批外商投資企業的特別清算』
(《中山大學學報論叢》第25卷 第6期,2005年)
2、『外商投資企業清算問題簡析』
(《広東法學》2005年第1期 。本稿は2005年広州市律師協会理論成果二等奨受賞論文)
3、『論外商投資企業特別清算存在的法律問題及其対策』
(《広東法學》2004年第4期 。本稿は2005年広東省律師協会成立二十五周年優秀論文(非訴訟類)優秀獎受賞、2004年度広州市律師協会理論成果三等奨受賞)
4、『我国企業強制清算制度研究』
(中山大學法學院経済法専業研究生修士論文,2006年)
5、『外商投資企業清算法律政策集成』(2000年)を編纂。
6、『我国企業強制清算主体制度研究』
(《広州市律師協会成立20周年記念文集》(2009年)に収録される。本稿は2009年広州市弁護士協会理論業績三等賞受賞)

7、何雁飛弁護士の引き受けた屈臣氏キャップ、ボトル、ボトル貼り等の外観特許侵害案件が『最新知識産権典型疑難案例判解』(第二巻)(2010年)に収録される。本稿は2010年広州市弁護士協会理論業績激励賞受賞。

8、何のガンは弁護士の引き受ける承諾の手紙の訴訟案、製造物責任の人身の損害賠償の紛糾案の2つの事件を飛んで入って《、良い―広州の弁護士の実例の精選を知っている》を編んで、2012年;
9、従業員が違法で住宅公共積立金を騙し取って、部門は労働契約《広州市労働組合の権利保護の仕事の指導の実例集》を解除することができるかどうか、2014年;
10、《“西湖竜井の権利侵害案”の分析》発表するのは《広東の茶生産業》(いつも第140期)で、2014年;
11、《“芳村の茶生産業城が休業してストライキをする事件”の評価と分析》発表するのは《農業の財の宝典

 
近年、何雁飛弁護士の獲得した奨励は以下の通りである。
1、2005年、広州市律師協会から「理論成果奨」と「維護社会穩定奨」を受賞。
2、2005年、広東省律師協会から「広東省律師協会成立二十五周年優秀論文(非訴訟類)優秀獎」を受賞。
3、2006年、広州市律師協会から「理論成果奨」を受賞。
4、2007年、広州市律師協会から(1)「業務成就奨」(法律の専業的な技を活用し、香港の弁護士との協力によって、非訴訟方式で香港会社に向けて法律業務を提供)(2)「勤學奨」(中山大学経済法学修士学位を取得)と(3)「維護社会穩定奨」を受賞。
5、2008年、広州市律師協会から「維護社会穩定奨」を受賞。
6、2009年、広東省律師協会から「律師業務典型案例優秀奨」を受賞。
7、2009年、広州市律師協会から「業務成就賞」を受賞。
8、2010年、広州市律師協会から「優秀党員」と評価され、「理論成果賞」と「維護社会穏定賞」を受賞。
9、2010年、広東省律師協会から「全省律師行業維穏工作傑出貢献賞」と「全省律師行業優秀党員」を受賞。
10、2011年、広州市律師協会から「理論成果賞」を受賞。
11、2011年、広東省律師協会から「全省律師行業優秀党務工作者」を受賞。
12、2012年、広州市律師協会から「業務成就賞」を受賞。

13、2015年、広州市の弁護士は何のガンに弁護士の“理論の成果賞”を飛びを授与するのに力を合わせます。

14、2016年、広州市の弁護士は何のガンに弁護士の“執業の20年の貢献賞”を飛びを授与するのに力を合わせます。



 
 
広東広信君逹弁護士事務所が1993年に設立され、広東省においては先頭的に設立した共同制の弁護士事務所の一つである。広信君逹事務所の所在面積は1700平方メートルで、先進的なネットワーク、オフィス設備及び完善的な資料管理システムを備えている。現在は華南地方での先頭的な大型弁護士事務所の一つである。当社は弁護士、代理人と専務員合わせて400人ぐらいがあり、当地及び国外の客様の要望を応じ、全面的な専業法律業務を提供するのである。
広信君逹事務所は真っ先に国際的な弁護士事務所経営理念と管理形式を採用し、専業的な手分け形式を実行し、会社証券部、銀行保険部、不動産部、民商事件紛争調停部、知識財産権部、能源交通と公共事業部、渉外業務と海事海商部、刑事訴訟部、行政訴訟部など九つの専業部門を設けておる。広信事務所は一流の法律チームがあり、弁護士全員は国内外で正式な法学教育を受けたのである。半分以上の弁護士は法学修士で、欧米の名門校で留学した経験及び海外の優れるな弁護士事務所で就職した経験を持つ弁護士も数多くいる。広信君逹事務所の弁護士は専門知識を活用し、客様に似合う解決策を提供することができる。
優れる弁護士団体と規範的な管理で広信君逹事務所の法律業務はいい社会評価と権威のある機関団体の認可を獲得した。具体的なのは以下の通りである。       
1、1996年、中国共産党中央宣伝部、司法部から「全国法律服務行業文明服務窓口」を受賞。
2、1998年、司法部から「部級文明律師事務所」を受賞。
3、2000年、中国質量万里行促進会、司法部に「全国企業質量維権服務単位」と指定された。
4、2000年、中国建築業協会と全国律師協会に創立された全国建設企業法律支援団30家律師事務所というランキングに入れた。
5、2003年、中国国際貿易促進会、中国国際商会に「中国優秀律師事務所」と推薦された。
6、2004年、『亜洲法律商務』(アジア太平洋地域弁護士協会に関連する雑誌)から「広州地区最佳律師事務所」を受賞。
7、2005年、中華全国律師協会から「全国優秀律師事務所」を受賞。
8、2007年、広州市司法局、広州市律師協会から「規範管理律師事務所」を受賞。
9、2007年、「広州市十佳律師事務所」を受賞。

10、2009年「公益愛心賞」と「規範管理賞」を受賞。

11、2009年、「広州市十佳律師事務所」を受賞。

12、2010年、「広州市十佳律師事務所」を受賞。

13、2011年、「広州市十佳律師事務所」を受賞。

14、2013年、広東省国資委の倉庫に入れる弁護士;
15、2013年、広州市人民政府に“広州市の2013年度の本部の企業”を授与させられます;
16、2013年、国家知的所有権局に広州に弁護士の業界を唯一の特許代理機構の資格を授与させられます;
17、2013年、広州市役所部門いつも法律顧問のサービス単位に入選します;
18、2013年、《中国の現代外交に関わる弁護士》最も影響力を持つ中国渉外百強弁護士事務所に入選します;
19、2014年、チェンバース(Chambersand Partners)のアジア太平洋の2014(中国大陸地区)の会社/商事の法律の領域の第1種類の順位の掲示に入選します;
20、2015年、《商法》“年度のきんでている規則”の大賞を光栄にも獲得します;
21、2016年、《アジアの法律の雑誌》(ALB)の“年度の最優秀中国南部弁護士事務所”、“ALB2016中国のベスト10の成長の規則”の2つの大賞を光栄にも獲得します;。
22、2016年、広州市の弁護士を光栄にも獲得して力を合わせる2012―2015年度の“弁護士事務所の管理の優秀な賞”ができます。
23、
2017年、《商法》“年度のきんでている規則”の大賞を保持します。

24、2018年、《アジアの法律の雑誌》(ALB)の“2018年度の中国の法律”の大賞を光栄にも獲得します。




 
本事務所の業務内容は以下の通りである。
一、法律顧問の担当
 
二、企業に関する法律業務関係
1、国内・外資会企業の登録と設立
2、国有大中型企業の産権構造調整と再編成
3、企業集団化及び集団内部産権構造の調整
4、企業株式化改造
5、会社の産権譲渡と株譲渡
6、会社の合弁、併合と分立
7、会社の解散と清算
8、海外での企業と商務機構の登録
 
三、貿易に関する法律業務
1、国内外の売買契約と補償貿易契約
2、貿易の訴訟と仲裁
3、貿易に関する海事法律事務
4、対外貿易交渉と貿易成約の促進
5、海外視察の連絡とパスポート申請の代行
 
四、金融銀行に関する法律サービス
1、世界銀行及び他の国際組織の貸付の連絡
2、政府の貸付及貸付の譲渡
3、銀団連の貸付
4、項目の貸付
5、商業の貸付
6、融資
 
五、不動産に関する法律業務
1、土地使用権の譲渡、貸出と抵当
2、不動産の開発企画及び融資、投資誘致と販売
3、不動産項目の企画、設計、入札募集或いは入札、工事施工などの法律書類の整備
4、銀行貸付及び関連する担保と抵当
5、国内外のアパート販売及び関連する法律手続き
6、不動産の管理、貸出又はその代行
 
六、訴訟、仲裁と調停
1、民事、経済及び海事海商紛争の诉讼、仲裁或いは調停
2、行政诉讼
3、刑事诉讼
4、渉外案件の诉讼、仲裁
5、渉外経済紛争の調停
 
七、外商投資の法律業務
1、外資企業(独資、合弁、合作)の計画と交渉、設立手続の代行
2、投資項目の市場実行性の調査とその研究
3、協議、契約、定款の起草と修正
4、土地使用権の出資、譲渡、貸出と抵当
5、不動産の出資と抵当
6、融資とその担保
7、ストックの譲渡と抵当
8、外資企業の請負経営
9、企業の解散清算
10、市場及び資格信用调查、契約と外资企业設立手続の起草
11、海外企業の広州駐在事務所設立手続の代行
12、国際貨物売買の入札募集などの法律業務
 
八、知的所有権に関する法律業務
1、専売特許、商標登録の申請と審査
2、商務、専売特許の侵害案件などの調査、証拠集めと賠償請求
3、著作権の登記事項と譲渡
4、専売特許、専有技術の許可使用と譲渡
5、技術開発と諮問契約
6、専売特許、商標侵害の調査、証拠集めと诉讼
 
九、公証と証明
1、弁護士証明
2、公証代行
3、法律書類、渉外法律書類の公証、認証と領事ビザの代行
4、不可抗力証明書の代行
5、対外貿易証明書類の代行
 
十、投資誘致
 
十一、中国側を代表し、外商と共同で合弁企業、合作企業などを設立。
 
十二、資本市場、金融及び投資など分野の交易業務、株式投資と融資、上場養成、IPOと上場売買など資本運営業務を提供。資本戦略計画、財務管理、税収企画、上場評価と準備、企業株式化の改造、株式インセンティブ、融資の私募、株式投資などの業務を提供し、資本運営及び株式の投資と融資などの交易業務を通し、客様の強化を実現し、客様の経済利益の創造を遂げる。
A、「資本にプロジェクトの探し、プロジェクトに資本の接木を実現」プロジェクトの価値を発掘することによって、貿易の実現を促成し、投資側と投資された側のウィンウィンを実現させること。
提供する持分投資交易業務は以下の通りである。
項目企業について詳細に調査
株式投資の分析報告書の制作
意向ある投資者の探しと推薦
投資条件について双方を協調し交渉を実現
投資者出資のフレームを企画
株式譲渡ないし増資株式拡大契約書の制定と成約
契約書の履行についての協調と監督
他の機関を紹介し、目標企業に共同に株式投資を実現
 
B、中小民営企業の上場、融資及び資本市場発展の長期的な法律顧問として、各企業の状況に応じて、上場過程で出現し得る問題につてい最適の解決策を提供し、実現すること。
提供する上場養成の業務は以下の通りである。
 
資本戦略と運営経路の企画
上場時間、場所及び方式の評価
上場過程で重点と難点問題の評価
上場過程の人材の準備と育成
各仲介機構の推薦と手配
私募株式融資方案及び戦略制作
商業計画書の制作及び融資の拡大
資本市場の長期的な顧問
 
C、我が事務所は多くの国内私募基金と個人投資者との協力によって、前期のリスク費用の引受と戦略投資者の導入という方式で、「両高六新」という条件に適応する中小企業(特に深センにある中小板、創業板市)を支持し、資本市場運営の長年経験を利用し、IPO形式上場に困難がある企業に売買など方式を提供し、中小企業の間接的な上場を遂げること。
提供するIPOと売買上場業務は以下の通りである。
 
企業の株式化の改造を協力し、株式有限会社の設立を実現
企業の組織構造と内部管理を完善し、上場前期の行為を規範
企業の編成の協力と上場申請資料の準備
企業株式発行の申告と審査に参加
上場申請の提出と株式の委託管理及び登録の代行
株式が上場後の持続的な法律業務
売資源の選択と詳細なる調査
借り売り上場の方策制作と実施
 
十三、私募株式投資業務を提供すること。Private Equity(略書:PE)即ち、私募株式投資である。投資方式という面からみれば、私募という形式で私有企業(非上場企業)に対する権益的投資である。交易する過程で、将来の退出システム(上場、買収合併または管理層買い戻しなどの方式で株式を販売し利益を得るという)を同時に研究するのである。
 
 
 
 
 
ベテラン律師ウェブサイト・チェフ弁護士何雁飛事務所住所:
広東広信君逹弁護士事務所 
           広州市珠江東路30号広州銀行ビル7階     邮编:510000            
携帯:13902289094     URL: www.gd-lawyer.com
ウェブサイト:www.gd-lawyer.com
他の内容は何雁飛弁護士のブログをご登録ください。
http://blog.sina.com.cn/yanfeihelawyer
広東広信君逹弁護士事務所ウェブサイト:
 
 
 
 
 
 
 
契約書
長期的な法律顧問契約書
契約番号:(20  )     律顧字第   号
 
依頼者(甲):
顧問担当法人(乙):広東広信君逹弁護士事務所
 
第1条:乙は甲の依頼を受け、何雁飛弁護士を甲の長期的な法律顧問担当に任命する。法律顧問担当の役割は甲に法律サービスを提供し、甲の法律事務を処理する。法に則して甲の合法的な権益を擁護するものとする。
第2条: 本契約の有効期限は2ヶ年、200  年から200  年まで、法律顧問料は1年   万元、契約する同時に甲は乙に200  年から200  年まで2ヶ年間の法律顧問料   万元を支払う。
法律顧問は甲に対し、下記に掲げる事項について、甲が改めて委託手続を要しない、また別の手数料も要しない:
1、甲の法律相談を受け、それに応じる法律意見を提供すること;
2、甲の法律事務に関する文書を審査の協力すること;
3、甲が締結した各種の対外契約書を、審査の協力すること;
4、甲の各種の契約書事務の計画、談判、制定など参与すること;
5、甲が権限を授けることにより、弁護士書簡、法律意見書など弁護士文書を対外に提供すること;
6、甲が権限を授けることにより、新聞雑誌、放送、テレビなど大衆ミディアによる公開的な声明を発表し、甲の合法的な権益を主張すること;
7、甲の経営管理に関する規則や制度を設計或は制定の協力し、規範化をさせること;
第3条:法律顧問は甲の代行として、訴訟事件、仲裁事件及び先に述べた七項の事務以外の事務をする時、両方は別の委託手続、なお、別の料金が必要となる。ただし、乙は依頼者のことを優先受理するものとする、その上、料金は政府が決まった基準価格に基づいて特恵する。
第4条:法律顧問が適切と有効的に務めを執行するため、甲に対する法律の助言を提供するため、甲は法律顧問に詳しく、真実な事件の情況を説明する必要があり、事件の材料も引き渡してください。ただし、法律顧問がいる法律に関する会議、事件の研究、或は談判の場合は、法律顧問が時間を生かして十分な準備をさせるため、甲は事前に乙に知らせておく、それに必要な材料も引き渡しておくものとする。
第5条: もし、甲の請求に応じて、法律顧問が広州以外の所へ出張しなければならない場合は、出張旅費は甲のほうより負担するものとする。
第6条:法律顧問料は下記に掲げる三つの支払い方から一つを選んでください:
1、キャッシュで支払う
2、下記口座宛振込む方法により支払う
   振込先乙銀行口座:
    口座番号:
    振り込む時、必ずこれは法律顧問料だと明記してください、そして為替金受取証を乙に渡す。
3、小切手を振り出す方法により支払う
第7条:本契約書による、或は本契約書に関する異義があれば、広州仲裁委員会に仲裁に付する。
第8条:本契約書4通を作成し、甲及び乙は各1通保有する。双方の調印する日から効力が発生する。
以上契約する。
 
 
甲)
 
乙)広東広信君达弁護士事務所
 
20  年  月  日
 
 
民事委託契約書
委託契約書(09)
契約番号(200  )    律訴字第  号
依頼者:                 (後記は「甲」)
 
受任弁護士法人:(乙)広東広信弁君逹護士事務所(後記は「乙」)
 
甲は乙に対し、                    事件の処理を委託し、乙はこれを受任する。下記のとおりに協定する:
一、甲は乙に対し、委託する権限は(乙が)       事件を代行すること。
二、乙は甲の依頼を受け、何雁飛などの弁護士を甲の代行として任命する。代行の職責を履行し、法に則して甲の合法的な権利を擁護する。ただし、乙がもと任命した弁護士は代行する期間に、都合で職責を履行することができなくなる場合は、乙のほうから別の弁護士を委託するものとする。協力的な事務は弁護士補佐から担当する。
三、甲はあのまま詳しく事件の実情を訴えるものとする。事件に関する書類、証拠の材料、及びそれらの元本(これは特に重要だ)を引き渡す。甲の依頼を受けた後、実情は甲が話したとこと一致しない、或は引き渡したものが偽りだと発見したら、その処理を中止することができる。その上、支払った料金は返還しない。裁判所、仲裁委員会などに関連する機関と特別な関係で、事務をしないと事前に甲に知らせたはず。万が一委託する事件自身、証拠不足、証拠の元件がない、機関の原因、法律政策の調整、訴訟の時効になる、またはそれ以外考えなれない理由で、敗訴の可能性もある。乙及びその弁護士は委託の事件が必ず勝訴だと保証できないので、本契約書を締結する時、委託の事件には訴訟の危険性など様々な危険性があるかもしれないと、甲に事前に知らせるはず。ご注意ください。
 
四、もし、甲の片方だけで乙と委託関係を解除したら、甲が既に支払った料金は返還しない、その上、残っている分も支払う必要があるものとする。
五、甲は乙に支払うべき料金は下記のとおり:
弁護士の着手金      万元(人民幣)、調印と同時に支払う。
乙が広州以外へ出張しなければならない場合は、出張旅費は甲のほうより負担する。なお、機関に関連する手数料も全て甲のほうより支払うものとする。
料金は下記に掲げる三つの支払い方から一つを選んでください:
1、キャッシュで支払う
2、下記口座宛振込む方法により支払う
   口座:広東広信弁護士事務所
   振込先乙銀行口座:
   口座番号:
   振り込む後、為替金受取証を乙に渡す。
3、小切手を振り出す方法により支払う
六、甲は確認してください:甲はもうよく本契約書の内容を読んだこと、それに契約書の内容を完全に理解すること。契約書の条項に書いだ乙が免除できる、もしくは制限される責任の内容に対し、契約書を定める時、目立った文字、字の形など特別なマークをした。条項は甲が請求した通りはっきり説明した。本契約書は双方どもの意志を違背するがなし、不公平なこともなし、双方ども本契約書の内容に対し重大な誤解もない。本契約書は合法的で、有効だ。それを取り消すことができない。
七、本契約書による、或は本契約書に関する異義があれば、広州仲裁委員会に仲裁に付する。中国の法律に適用する。
八、本契約書4通を作成し、甲及び乙は各1通保有する。双方の調印する日から効力が発生する。
以上契約する。
 
 
甲)                        (調印)
 
 
乙)広東広信君逹護士事務所(捺印)
受任弁護士(署名)
 
200   年   月   日
 
 
非訴訟委託契約書
非訴訟委託契約書
契約番号(200  )      非訴字第  号
依頼者:                 (後記は「甲」)
 
受任弁護士法人:(乙)広東広信君逹弁護士事務所(後記は「乙」)
甲は乙に対し、                    事件の処理を委託し、乙はこれを受任する。下記のとおりに協定する:
一、甲は乙に対し、委託する権限は(乙が)               事件を代行すること。具体的には次のとおり:
 
二、乙は甲の依頼を受け、何雁飛などの弁護士を甲の代行として任命する。代行の職責を履行し、法に則して甲の合法的な権利を擁護する。ただし、乙がもと任命した弁護士は代行する期間に、都合で職責を履行することができなくなる場合は、乙のほうから別の弁護士を委託するものとする。
三、甲はあのまま詳しく事件の実情を訴えるものとする。事件に関する書類、証拠の材料、及びそれらの元本(これは特に重要だ)を引き渡す。
四、もし、甲の片方だけで乙と委託関係を解除したら、甲が既に支払った料金は返還しない、その上、残っている分も支払う必要があるものとする。
五、甲は乙に支払うべき料金は下記のとおり:
乙が広州以外へ出張しなければならない場合は、出張旅費は甲のほうより負担する。なお、機関に関連する手数料も全て甲のほうより支払うものとする。
料金は下記に掲げる三つの支払い方から一つを選んでください:
1、キャッシュで支払う
2、下記口座宛振込む方法により支払う
   口座:広東広信弁護士事務所
   振込先乙銀行口座:
   口座番号:
   振り込む後、為替金受取証を乙に渡す。
3、小切手を振り出す方法により支払う
六、本契約書による、或は本契約書に関する異義があれば、広州仲裁委員会に仲裁に付する。
七、本契約書4通を作成し、甲及び乙は各1通保有する。双方の調印する日から効力が発生する。
以上契約する。
甲)                        (調印)
 
 
乙)広東広信君逹弁護士事務所(捺印)
受任弁護士(署名)
 
, ,
200   年   月   日
 
刑事訴訟委託契約書
刑事委託契約書
契約番号(200  )穂合律刑字第  号
甲)
乙)広東広信君逹弁護士事務所
 
甲は乙に対し、               事件の処理を委託し、乙はこれを受任する。何雁飛弁護士と         弁護士を任命されて          依頼者に法律サービスを提供する。双方が協議の結果、下記のとおりに協定する:
一、乙の事務:
1、容疑者と会うことを申請して、法律相談を受ける。
2、容疑者の弁護をする、第二審判決終了まで。
二、甲は乙に弁護料          元(人民幣)、調印と同時に         元を先払いする。第一審が判決の日から五日以内残った         元(人民幣)を支払う。ただし、甲の片方だけで乙と本契約書を終止したら、既に支払った料金は返還しない。なお、乙が広州以外へ出張しなければならない場合は、出張旅費は甲のほうより負担する;政府部門或は仲介機関の手数料も全て甲のほうより支払う。
料金は下記に掲げる三つの支払い方から一つを選んでください:
1、キャッシュで支払う
2、下記口座宛振込む方法により支払う
   口座:広東広信弁護士事務所
   振込先乙銀行口座:
   口座番号:
   振り込む後、為替金受取証を乙に渡す。
3、広州で振替できる小切手を振り出す方法により支払う
三、裁判が開かれる時、上述の弁護士二人一緒もしくは弁護士一人だけが法廷に出ること可能だ。ただし、乙がもと任命した弁護士は代行する期間に、都合で職責を履行することができなくなる場合は、乙のほうから別の弁護士を委託するものとする。
四、甲はあのまま詳しく事件の実情を訴えるものとする。事件に関する書類、証拠の材料、及びそれらの元本(これは特に重要だ)を引き渡す。なお、万が一委託する事件証拠不足、訴訟の時効になるなど理由で、敗訴の可能性もある。
五、もし、甲の片方だけで乙と委託関係を解除したら、甲が既に支払った料金は返還しない、その上、残っている分も支払う必要があるものとする。
六、本契約書を締結する時、委託の事件には訴訟の危険性など様々な危険性があるかもしれないと、甲に事前に知らせるはず。ご注意ください。
七、本契約書による、或は本契約書に関する異義があれば、広州仲裁委員会に仲裁に付する。
八、本契約書4通を作成し、甲及び乙は各1通保有する。双方の調印し、それに甲は乙に元(人民幣)を先払いした日から効力が発生する。第二審が終止まで。
甲)
乙)広東広信君逹弁護士事務所(署名)               代表弁護士(署名)
200   年   月   日
 
法律相談と委託契約書
法律相談と委託契約書
契約番号(200  )    非訴字第  号
依頼者:                 (後記は「甲」)
受任弁護士法人:(乙)広東広信君逹弁護士事務所(後記は「乙」)
 
甲は乙が次の手続きの代行を委託する:              。協定した委託契約書の条項は次のとおり:
一、甲は委託した乙の事務の内容と権限は次のとおり:
次の手続きの代行を委託する:              。乙及び任命された弁護士は委託権の移行ができる。なお、第三者へ委託権を渡す自分で決定する権利がある。
二、乙は甲の依頼を受け、何雁飛などの弁護士を甲の相談弁護士、委託人を担任させる。
相談、そして代行の職責を履行し、法に則して甲の合法的な権利を擁護する。ただし、乙がもと任命した弁護士は代行する期間に、都合で職責を履行することができなくなる場合は、乙のほうから別の弁護士を委託するものとする。乙及び任命された弁護士は委託権の移行ができる。なお、第三者へ委託権を渡す自分で決定する権利がある。
三、以上の事務を順調に発展させるため、甲は…など機関の要求に応じて、乙に『…体系評価報告書』など(必要であれば)、『…論証報告書』など(必要であれば)及び他の委託事件に関する資料を提出ください。甲は自分でその関連している機関を委託し、『…体系評価報告書』など(必要であれば)、『…論証報告書』など(必要であれば)照明書を出してもらうものとする。甲はあのまま詳しく事件の実情を訴えるものとする。事件に関する書類、証拠の材料、及びそれらの元本(これは特に重要だ)を引き渡す。甲の依頼を受けた後、実情は甲が話したとこと一致しない、或は引き渡したものが偽りだと発見したら、その処理を中止することができる。その上、支払った料金は返還しない。裁判所、仲裁委員会などに関連する機関と特別な関係で、事務をしないと事前に甲に知らせたはず。万が一委託する事件自身、証拠不足、証拠の元件がない、機関の原因、法律政策の調整、訴訟の時効になる、またはそれ以外考えなれない理由で、敗訴の可能性もある。乙及びその弁護士は委託の事件が必ず勝訴だと保証できないので、本契約書を締結する時、委託の事件には訴訟の危険性など様々な危険性があるかもしれないと、甲に事前に知らせるはず。ご注意ください。
四、甲は乙に次の法律相談料と報酬金を支払う:
五、乙はただの法律相談料と報酬金をもらう。その以外、各機関の正規に規定される有料である手数料(例えば: 罰金、地価、『…体系評価報告書』、『…論証報告書』、検査、評価、試案、政府部門が徴収する各費用など)を甲のほうより負担するものとする。委託の事件が成功かどうかにもかかわらず、甲が他の委託による形成した料金は全て乙と関係がない。
六、支払い方法:
料金は下記に掲げる三つの支払い方から一つを選んでください:
1)、キャッシュで支払う
2)、下記口座宛振込む方法により支払う
   口座:広東広信弁護士事務所
   振込先乙銀行口座:
   口座番号:
   振り込む後、為替金受取証を乙に渡す。或は乙が提供したほかの銀行口座宛に振り込む。
3)、小切手を振り出す方法により支払う
七、双方ども確認べきこと:本契約書は双方どもの意志を違背するがなし、不公平なこともなし、双方ども本契約書の内容に対し重大な誤解もない。本契約書は合法的で、有効だ。それを取り消すことができない。
八、本契約書による、或は本契約書に関する異義があれば、広州仲裁委員会に仲裁に付する。中国の法律に適用する。
九、本契約書の有効期限は調印する日から2ヶ年。本契約書4通を作成し、甲及び乙は各1通保有する。双方の調印する日から効力が発生する。
 
付属書類:
 
以上契約する。
 
甲)                        (捺印)
代表)(署名)
 
乙)広東広信君逹弁護士事務所(捺印)
代表弁護士(署名)
 
200   年   月   日
 
専門の法律顧問契約書
専門の法律顧問契約書
契約番号:(20  )    律顧字第   号
 
依頼者(甲):
顧問担当法人(乙):広東広信君逹弁護士事務所
 
第1条:乙は甲の依頼を受け、何雁飛弁護士を甲の専門の法律顧問担当に任命する。法律顧問担当の役割は甲に法律サービスを提供し、甲の法律事務を処理する。法に則して甲の合法的な権益を擁護するものとする。
第2条: 本契約の有効期限は2ヶ年、200  年から200  年まで、法律顧問料は   万元、契約する同時に甲は乙に法律顧問料   万元を支払う。
法律顧問は甲に対し、下記に掲げる事項について、甲が改めて委託手続を要しない、また別の手数料も要しない:
1、甲の法律相談を受け、それに応じる法律意見を提供すること;
2、甲の法律事務に関する文書を審査の協力すること;
3、甲が締結した各種の対外契約書を、審査の協力すること;
4、甲の各種の契約書事務の計画、談判、制定など参与すること;
5、甲が権限を授けることにより、弁護士書簡、法律意見書など弁護士文書を対外に提供すること;
6、甲が権限を授けることにより、新聞雑誌、放送、テレビなど大衆ミディアによる公開的な声明を発表し、甲の合法的な権益を主張すること;
7、甲の経営管理に関する規則や制度を設計或は制定の協力し、規範化をさせること;
第3条:法律顧問は甲の代行として、訴訟事件、仲裁事件及び先に述べた七項の事務以外の事務をする時、両方は別の委託手続、なお、別の料金が必要となる。ただし、乙は依頼者のことを優先受理するものとする、その上、料金は政府が決まった基準価格に基づいて特恵する。
第4条:法律顧問が適切と有効的に務めを執行するため、甲に対する法律の助言を提供するため、甲は法律顧問に詳しく、真実な事件の情況を説明する必要があり、事件の材料も引き渡してください。ただし、法律顧問がいる法律に関する会議、事件の研究、或は談判の場合は、法律顧問が時間を生かして十分な準備をさせるため、甲は事前に乙に知らせておく、それに必要な材料も引き渡しておくものとする。
第5条: もし、甲の請求に応じて、法律顧問が広州以外の所へ出張しなければならない場合は、出張旅費は甲のほうより負担するものとする。
第6条:法律顧問料は下記に掲げる三つの支払い方から一つを選んでください:
1、キャッシュで支払う
2、下記口座宛振込む方法により支払う
   振込先乙銀行口座:中国銀行広東省支店
   口座番号:800106106708091001
   振り込む時、必ずこれは法律顧問料だと明記してください、そして為替金受取証を乙に渡す。
3、小切手を振り出す方法により支払う
第7条:本契約書による、或は本契約書に関する異義があれば、広州仲裁委員会に仲裁に付する。
第8条:本契約書4通を作成し、甲及び乙は各1通保有する。双方の調印する日から効力が発生する。
以上契約する。
 
 
甲)
 
乙)広東広信君逹弁護士事務所
 
20  年  月  日
 
 
 
ベテラン律師ウェブサイト・チェフ弁護士何雁飛事務所住所:
広東広信君逹弁護士事務所
           広州市天河区珠江の新市街珠江東路の6番の広州週間大福金融センター(広州の東塔)の10層   
〒510623 
何雁飛弁護士の電話     携帯電話:13902289094
E-mail:yanfeihelawyer@126.com
ウェブサイト:www.gd-lawyer.com
他の内容は何雁飛弁護士のブログをご登録ください。
http://blog.sina.com.cn/yanfeihelawyer
広東広信君逹弁護士事務所ウェブサイト:
 


 
 
 

资深律师网版权所有 您是第 位访问者! 粤ICP备06094234号 百业网制作及技术支持

资深律师网首席律师:何雁飞律师     执行总监:刘婉芳     

地址:广州市天河区珠江新城珠江东路6号广州周大福金融中心(广州东塔)10层   广东广信君达律师事务所  

邮编:510623    何雁飞律师电话:37181280,手机:13902289094,qq:793891571,微信号:qq793891571  
电邮:yanfeihelawyer@126.com   资深律师网网址:www.gd-lawyer.com
 
Chief lawyer of www.gd-lawyer.com  : Lawyer He Yanfei.  Executive Director: Liu Wanfang 
Address: 10/F Chow Tai Fook Finance Centre,NO 6, Zhujiang Dong Road, Tianhe District, Guangzhou, China
Postcode: 510623 Tel:37181280  Mobil Phone:13902289094  
E-mail:yanfeihelawyer@126.com   qq:793891571  weixin:793891571  
 Website:www.gd-lawyer.com  Copyright www.gd-lawyer.com  All rights reserved.
 
 
何雁飛弁護士の事務所住所:広東広信君逹弁護士事務所  
           広州市天河区珠江の新市街珠江東路の6番の広州週間大福金融センター(広州の東塔)の10層     邮编:510623            
電話:37181280   携帯:13902289094